猫の糖尿病

1、糖尿病の猫ちゃんのごはんは何をあげればいいでしょうか?

ヒトでは糖尿病の治療食は野菜中心が推奨されます。野菜を食べると血糖の急激な上昇が抑えられます。でも猫ちゃんはもともと肉食なんです。野菜は食べません。でも治療のために野菜を上げたほうがいいのか、肉を上げてもいいのか迷ってしまいますね。

 

お家でとろける夜パフェを

通常、糖尿病治療食は、昔は低脂肪、高繊維質が主流でしたが、今は高たんぱく、低炭水化物です。高たんぱく、低炭水化物の食事のほうが急激な高血糖になりにくくインスリン投与が不要になることが多いです。

 

しかし猫ちゃんは食事の好みがまちまちで、せっかく買っても全く食べてくれないことがあり、健康のためと分かっていても食べないものは無理に食べさせることができません。そのため結局好んで食べられるものを上げるしかなくなってしまいます。

困った挙句に治療食を食べてもらうために試行錯誤して、手作り食に励み、なみだぐましい努力を重ねる飼い主さんも少なくありません。

 

 

実は、大切なことは摂取カロリーを決めて、目標体重に近づけることです。

毎日同じメニューにしてインスリンを投与します。結局設定カロリー内であれば何を食べてもそれほど変わりません。

 

気を付けなければならないのは膵炎や腎不全の同時罹患の場合です。

膵臓職、腎臓食は、一般には低たんぱく、高炭水化物、高脂肪食の高カロリー食です。

これでは、糖尿病の治療方針と真逆なのでは・・・どうしたらよいのでしょうか、と迷いますがこたえは優先順位をつけることです。

 

つまり、糖尿病はインスリンで対処できます。ところが腎不全では、たんぱくを食べすぎると腎臓に負担を与えます。食事療法としては低たんぱくを重要視して、なるべくとらないようにします。糖尿病のほうは多少血糖が上がってもインスリンで対処するのがセカンドベストです。

 

 

 

寿命に関しても糖尿病はしっかり血糖コントロールをすれば猫の寿命に対して影響を与えませんが、腎不全の進行は確実に寿命に影響を与えてしまいますので

腎臓の治療を優先してください。

 

糖尿食

膵臓食、腎臓食

高たんぱく、低炭水化物

低たんぱく、高炭水化物、高脂肪

 出典:森昭博 糖尿病猫の療法食の選択方法